クレジットカードの審査とキャッシングの関係

クレジットカードの審査とキャッシングの関係

クレジットカードの発行審査ではカードの発行のための審査と、キャッシング枠設定のための審査が行われます。

新しくお金を用立ててもらおうという人であれば、そうそう年収の3分の1より高額の大金を借りることはないと思うので、最初から総量規制の問題を抱えるといったことはないと断言します。

カードローン会社が設定している金利について言うと、ただ単に値の大小で比較すると間違うこともあり、実際に契約を交わしたときに適用される金利に着目することが不可欠だと考えます。

『即日融資』を標榜していても、申し込むキャッシング企業によって、即日に融資できる時間帯が同じではないので、最初にその時間帯を把握してから動くようにしましょう。

目次

クレジットカードの審査は形式的

クレジットカードの審査は形式的

昔とは違い今の消費者金融は依頼者のプライバシー保護を考えてくれるので、お金を借りる際に必ず行われる勤めている会社への在籍確認のコールも、消費者金融からだとは知られないようにしてくれますから心配しなくて大丈夫です。

電話を使った在籍確認が行えないと、審査で落とされると考えるべきでしょう。そのようになったらお金を借りるということも諦めざるを得なくなるので、必ずや電話に出られるようにしておくことが大切です。

ブラックリストになると5年キャッシング不可

クレジットカードのキャッシング枠の仕組み

サラ金と違って銀行は「貸金業者」にはカテゴライズされておらず、どこまで行っても「銀行」ですので、貸金業法の対象業者ではないのです。つまるところ、銀行のキャッシングサービスは総量規制に引っかかることはないのです。

総量規制の対象となるのは、個人が資金を用立ててもらう場合だけと決まっています。ですので、一個人が事業資金として借りる場合は、総量規制の対象からは除外されます。

法人の場合はキャッシング枠の審査は別扱い

法人のキャッシング枠設定は別審査でおこわれている

全国に支店網を持つ金融機関が取り扱っているカードローンのおおかたが、画期的な即日融資を前面に打ち出しており、ローン申し込みをした当日に借り入れ限度内でお金を借りることが可能なわけです。

一括りにカードローンと申しましても、消費者金融系や銀行系など、多種多様な商品が扱われているので、失敗しない為にも、信頼のおける情報を踏まえて、丁寧に比較してから申し込み申請をすることが重要です。

お金を借りるに際しては、在籍確認の為に勤めている場所に連絡されるので、「キャッシングが必要だということが、周囲の人に知られてしまうのではないか?」と不安を感じる人も多数いるはずです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる